裸の銃を持つ女?思わずクリックして感染する。

「裸の銃を持つ女」に注意、写真の誘惑でマルウェアに感染IT mediaエンタープライズ(セキュリティアラート)より

「Naked Girls With Guns」という件名につられてファイルを開くとトロイの木馬に感染−−。セキュリティ企業の英Sophosが1月31日のブログで、こんな被害に遭わないよう注意を促している。   

 Sophosによると、問題のファイルはPowerPointのプレゼンテーションに 見せかけてあり、ダウンロードして開くと銃を持った米兵のヌード写真が数枚表示される。 

 しかしこのプレゼンテーションには、バックドアを開くトロイの木馬など6種類のマルウェアが仕掛けられており、米兵ヌードを見ているユーザーのシステムに感染する。

何度もこんなものは出てきているが、やはりクリックしてしまう。あやしいファイルは開けない!とかクリックしない!なんて、とりあえず頭ではわかっているが。。。

     見てみたいものは、見たいものである(笑)

百聞は一見にしかず。見ないとわからないものもある。何となくイメージはついても、やはり見ないとわからない(笑)

メールについてくる”あやしいファイル”をクリックするのは、とりあえず警戒する。。。

−−はずだが、なに?なに?。。。好奇心がくすぐられてしまうものを、思わずクリックしてしまうのは、人間の性だ。私は躊躇わずにクリックする。だって見たいから(笑)

偉そうに言えることではないが、ちょっとだけなら大丈夫だろう。とか、いつもならクリックしないけど、これだけは。。。など。

必ず、大義名分がある。というか、瞬間にクリックの理由を考えながら、同時にクリックしているのだった。

感染しないためには、マウスを使わなければ良いのかもしれない。 

どんな大義名分を考えればいいのか?その理由を考える大義名分を考えてみる(爆)

それでもクリックしますか?−−私はクリックするでしょう(笑)

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。

2 thoughts on “裸の銃を持つ女?思わずクリックして感染する。

  1. 坂本多聞 より:

    細かいところに突っ込んでしまいすみません。映画「裸のガンを持つ男」の原題は「The Naked Gun」裸なのは男じゃなくてガンの方です。映画になる前のテレビシリーズ「 Police Squad ! In Color」が特に好きです。

  2. 新倉 茂彦 より:

    多聞さん。コメントありがとうございます。
    ・・・知りませんでした。勉強になります。
    これ系のネタだと。。。つい。。。「Gun」は。。。
    すみませんでした(笑)

この投稿はコメントできません。