迷惑メールの返信確率は、1/1250万通で年間3億5千万円

スパムメールに返事をする確率は1250万通に1通らばQより

毎日途絶えることなくスパムメールが届きますが、あのスパムはいったいどれ位の効果があるのでしょうか。

明らかにスパムとわかるメールが大半ですが、スパムに引っかかる人はどのくらいの割合でいるのかをカリフォルニア大学が調査したそうです。

Techrader.comによると、1250万人に対して1人だまされる人がいるようです。

プロキシーボットを利用してハイジャックされた75869台のPCをコントロールして調べたようです。

26日間で、3億5000万通のメールに大して28の売り上げが出たそうで、これは、0.00001%にも満たないそうです。

しかし実際にはスパムを送る業者はとんでもない規模で送っているため、それでも1日に7000ドル(約70万円)、年間350万ドル(約3億5千万円)になると見積もられています。

何かの記事で読んだことがありますが、全メールの70%だか80%は、迷惑メールだそうです。出典元が不明ですみません。

個人的な感覚でも、少なく見積もっても半分以上は、迷惑メールに該当してます。

確率の1250万人に1人が騙されてしまうのは、少ないように思えます。勝手に思っているだけですが、もう少し踏んでしまっている人がいるのでは?

1日に70万円、年間3億5千万円も儲けているのは、すごい数字ですね。

同時に、それを踏んでしまった人たちの被害額でもあります。

このとんでもない規模とは、どれくらいなのでしょうか?

メールがない頃であれば、電話とかDMなどで様々なアプローチをしていましたよね。個人情報保護法などもあり、電話での勧誘も地域の番号を端からかけているようが、そうでもありません。マンションの新築案内などが多くかかってきます。

この番号はどこで?と質問すると、「端からかけてます」と決まった答えが返ってきます。

しかし、同じ局番で下4桁を端からかけていれば、必ずHITする番号を3本持っていますが、ほとんど続けてかかってくることはありません。たまにありますが・・・

従来のコストと比較のならないほどに、メール送信にはコストがかかりません。限りなくゼロに近いです。だからこそ、物量攻撃でとんでもない規模のメールが送信できるのです。

薄利多売という言葉はありますが、多送厚利とでも言うのでしょうか?

多く送れば送るほどに儲かるビジネスモデルって、迷惑メール以外で応用できないですかね?

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。