Firefoxの拡張機能って便利だけど・・・

「このページを見た人はこのページも見ています」を実現するFirefoxのアドオン『Fast Forward』百式より

なんかいいサイトないかなぁ、というときに使えそうな(多分)ツールのご紹介。

BuzzBoxが配布しているFast ForwardなるFirefoxのアドオンは、ブラウザの「戻る」「進む」ボタンに加えて「早送り」ボタンを追加してくれる。

なんとこのボタンを押すと「あなたが今見ているページのあとに他の人がよく行くページ」に連れて行ってくれるのだ。

どうやら各種ネット上の公開データやユーザーが匿名で提出する情報をもとに算出しているようだ。

まだユーザー数が少ないから微妙ではあるが、「他の人が見ているものも自分も見たい」という欲求が人にはあるだろう。

こうした「みんなで楽しむ仕組み」はもっと出てくるといいですね。

BuzzBox

このページを見ている人はこのページも見ています、を実現。

ブラウザはFirefoxとおじいちゃんの代から言い伝えられています(笑)

で、これ入れてみました。いまいち使い方がわからないです。まだ参照ページが少ないのでしょうか?

拡張機能が充実して、あまりにも便利すぎるために、他のブラウザが使えないです。Firefox良いですね。

この拡張って、amazonのオススメのWeb版のようなものらしいです。amazonから届くメールは、よくもこの本を!と思うほどに、ビンゴなオススメをしてきます。痒くなくても手が届いている感じです。

このFast Forwardですが、ちゃんと動くようになれば、面白いでしょう。amazonのイメージでWeb版になるのですから・・・

自分が次に見そうなページを教えてくれる!なんだか自分も知らなかった自分がそこにはいるようです。ジョハリの窓っぽいところが面白そうです。

でも、オイオイなんで知っているんだよ?こんなページなんか。。。もちろん見ますよ!よくぞ教えてくれました!って(爆)

Webマーケティングの1つ?なのでしょうけど、あんなサイトを見ると、こんなオススメがあり、こんなサイトを見れば、あんなオススメがある。何とも楽しそうです。

やはり自分の知らない趣味趣向が見える、新しいツールになることを期待してます。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。