iPhoneで撮影したプロペラは凄いことになっていた(動画)

目の錯覚で動いていないものが、動いているように見えたりするものがあります。が、これは動いているものを動いてない(静止画)にすると、こうなるようです。何とも面白いものです。

iPhoneでプロペラの回転を撮影したらとんでもないことになってたらばQより

通常、プロペラが回転している写真は、上の画像のようになっていると思います。

ところがiPhoneや古いCMOSのデジタルカメラで撮影すると、回転数やタイミングによっては、とんでもないものが写し出されるようです。


iPhoneでプロペラの回転を撮影したらとんでもないことに01

「何がどうなってるの?」「どうしてこうなるの?」と思う人は多いようで、理屈を説明している映像がありました。

[youtube=http://www.youtube.com/watch?v=T055cp-JFUA&feature=player_embedded]

写真を見たときは、何かの間違いか?と、思ったのですが、動画を見て「なるほど!」と理解できました。

目の錯覚のようにカメラの性能によって、このようになるのが面白いです。

車のホイールも高速回転していると、形が違ったように見えることもあったり、LEDの残像で文字を描くことも出来たりするので、詳しいことは?なのですが、同じようなものなのでしょう。

高速回転するものならば、他にも出来るのかもしれません。ちょっとトライしてみたいと思いました。

以前に見た目の錯覚で面白かったのはこれです。回転しているシルエットなのですが、突然別の方向に回り出しているように見えるのです。同じものを複数の人で見るとさらに面白いです。回転方向が見ている人によって違うのです。右回り(時計回り)に見えるのは、右脳が活発なようです。

Silhouette Illusion

あまり見過ぎて、とろけそうになりました(笑) 健康のため長時間の凝視はやめましょう!

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。

2 thoughts on “iPhoneで撮影したプロペラは凄いことになっていた(動画)

  1. 新倉 茂彦 より:

    櫻吉さん、コメントありがとうございます。
    やっぱ芸術的ですよねぇ。カメラの性能が云々ってどうでもいい感じさえします。
    是非、下に書いたグルグル回るのも見て下さい。10分で別世界へ行けます(笑)

  2. 櫻吉 清(さくらきち きよし) より:

    らばQの記事を見ましたけど。ここまで芸術的に撮影できれば、別の意味ですごいですよね。
    そういえば、以前にトイデジカメでも同じようになるようなことを聞いたことがあります。

この投稿はコメントできません。