手袋つけてても、魚肉ソーセージでiPhoneが操作できるって・・・

う〜ん、こんな方法があったのか…言われてみれば、確かにわかるのですが、やりたいとは思わないのでした。

「寒い日のiPhoneの友」は魚肉ソーセージWIRED VISIONより

韓国では冬の寒さで、ソーセージメーカーが売上げを増やしている。人々はCJ社のスナック・ソーセージをiPhone用のスタイラスとして使っているのだ。

「ソーセージの指」は導電性であり、手袋を脱がなくてもiPhoneを使うことができる。韓国のニュース記事(英語への翻訳版なので、解読はなかなか難しいのだが)によると、ソーセージの売上げは前年同期で40%増加したとのことだ。



詳しくわからないのですが、どうも魚肉ソーセージで直接画面を触れているようではない。ようです。

でも、ビニールに包まれた状態で本当に画面は反応するのだろうか?と、疑問に思い実験してみました。

とりあえず、セロテープを指に張り、iPhoneの画面をタッチしてみると・・・動く!反応する!・・・って、そんなに喜ぶほどの事じゃないでしょう(笑)

ってことは、魚肉ソーセージでも問題なくいけるのでは?と思いつつ・・・

「できること」と「実用的に使ってみる」ことは違います。手袋をつけたまま操作するほど寒いのならば、本体をもつ部分も強化しないと、落としそうですね。手袋にガッチリ固定できるようにするとか・・・

そこまでするのか?と疑問に思っただけです。はい。

以前に書いたiPhone の不便な欠点を解決するグッズ←ホントに使えるのか?を思い出しました。

YouTube – iPhone Arm – Internet Superstar

[youtube=http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=IrIe0AbTyBY]

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。

One thought on “手袋つけてても、魚肉ソーセージでiPhoneが操作できるって・・・

  1. 俺TODAY.org より:

    iPhoneと魚肉ソーセージ

    いささか旧聞なんだけど、

この投稿はコメントできません。