どこまでが限度なの?世の中変わったの?

「いつも客に死体出している」mixiでアルバイトによる衝撃告白相次ぐ:ボーガスニュースより

問題は、男性の告白に影響を受けたフリーターらが「実はウチでも…」と連鎖反応を起こすようにmixiで暴露をしはじめたこと。14日夕方の段階で確認できているだけでも

  • 「死体をかきあつめ、天日にさらしたものを客のみそしるに混入した」(定食屋勤務の女性)
  • 「死体の腸に肉片をおしこんだものを食わせた」(ホットドッグ店バイト)
  • 「数億年前の微生物の死骸を客の車に入れた」(ガソリンスタンド店員)

こんなことが本当にあるのだろうか?

食に関する話だけに、こんなのを読むと、 気分が悪くなる。

普通に考えれば、上記のような手間をかけてまで、そんなことをするのだろうか?。。。と思ってしまう。

じゃあ、その普通とはなんだろうか?

ネタっぽく思える話も多くあるように思える。しかし、新聞を賑わす問題が実際に発生していることを考えれば、ネタに聞こえないところが、イヤな感じだ。

普通なんて言葉を使うと、明確な定義もないし、その基準がわからない。。。なんて言われてしまう。

しかし、何も明確な定義がなくとも、基準がわからなくとも、普通でないことは、普通でないのだ。

そもそも倫理観がないから、偽装な話が後を絶たない。

それが本当にあるから、信じられない、普通でない話でも、疑ってしまう。あるかもしれないと。

無理矢理セキュリティの話に結びつけるつもりはないが、共通するものを感じてしまう。

本当の告発もある。便乗した愉快犯もある。でも、面白いからだけで話題にしてはならない話もあるのだ。

特に食に関するものは、考えただけで気分が悪い。口にするものだし。

セキュリティと同じく感じる部分は、安全とか、偽装が同じく思えてしまう。

偽装とは、情報漏洩にしてもミンチにして、関係者をだましていること。わからないと思って、グチャグチャにして、責任回避をしていることが多く発生している。

そんなに世の中悪くなってしまったのか?性善説だけで語れるとは思っていないが、そんなに悪くないと信じたい。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。

5 thoughts on “どこまでが限度なの?世の中変わったの?

  1. 新倉 茂彦 より:

    多聞さん、コメントありがとうございます。新倉です。
    >突っ込んでください(笑)
    私は肉とか魚でないと、理解しました。
    生ものでなければ、すべて「死体」と言えますが、言葉は選んで使わないと、誤解しそうです。
    いずれにしても、ネタと思いますが、あまり良い感じしないです。

  2. 坂本多聞 より:

    「死体」というのは、肉とか魚のことで、生きたまま食べるのじゃなきゃ「死体」だっていうブラックジョークと読めますが…。と突っ込んでいいの?

  3. rtn_kat より:

    ネタばらし
    「死体をかきあつめ、天日にさらしたものを客のみそしるに混入した」
    ちりめんじゃこ
    「死体の腸に肉片をおしこんだものを食わせた」
    ソーセージ
    「数億年前の微生物の死骸を客の車に入れた」
    石油

  4. osamugot より:

    例の記事がジョークとわかるまで読み直してください。

  5. rtn_kat より:

    違った、煮干だ

この投稿はコメントできません。